離婚 Love disappearance メイン画像

離婚の段階

離婚には、双方が合意に至るまで4つの段階を経て、離婚が成立します。


@協議離婚

離婚をする夫婦の大半がこの協議離婚で離婚を成立させます。
夫婦二人で話し合った結果、双方が離婚に納得した上で、正式な書類を作成し、離婚届を提出すれば、離婚が成立します。

A調停離婚

離婚について話し合いが持たれましたが、双方のどちらかが合意できない場合や、双方が離婚には合意しているものの、慰謝料や養育費などの面で、お互いの意見が一致しない場合、家庭裁判所で、第三者を加え、話し合いを行います。これを調停離婚といいます。
ここで、話し合いの結果、双方が合意し、離婚することを調停離婚と呼びます。


B審判離婚

調停離婚で話し合いがもたれたにも関わらず、双方が合意しない際に、第三者である家庭裁判所側が、話の経過を見て独自で判決を下します。その結果に双方が納得し、離婚を成立させることを、審判離婚といいます。


C裁判離婚

審判裁判でも決着がいかない場合、離婚訴訟とし、離婚の裁判を行います。その判決に双方が納得し、離婚が成立させることを、審判離婚といいます。

調停離婚や、審判離婚と違い、本当の裁判になるので、弁護士をやとったり、場合によっては証人が必要な場合もあります。

また、普通の裁判と変わりませんので、プライバシーは一切なく、裁判と同様に話し合いが運ばれていきます。

費用が多くかかる、時間がかかる、提出書類必要と、手間もお金もかかるため、全体の離婚の1%程度のケースしかありません。